低身長の定義・原因・治療法について解説します!

悩む女性

 

周りの子に比べて、わが子の身長が低いと心配になることがありますよね。

 

食事や睡眠に気を配っているのに背が伸びないと、「何かの病気で背が伸びないのでは…?」と悩む親御さんもいるかもしれません。

 

背が低いことの多くは、遺伝や体質的な要素が影響していることが考えられますが、何らかの病気が原因で背が伸びないこと場合もあります。

 

もし、極端に身長が伸びないなら、この状態を放置するのはNGです。病気であれば平均身長との差が年々開いていくため、最終身長がかなり低くなってしまう場合があるからです。

 

明らかに平均より背が低いなら、低身長なのかどうかチェックして小児科医を受診することが大切です。そこで今回は、低身長の定義・原因・病院での治療法についてご紹介します。

低身長の定義とは?

医学的な「低身長症」の定義は、平均身長に比べて、身長SD値が「−2SD未満」のことを言います。

 

「SD」というのは、標準偏差のこと。同性・同学年の平均身長に対して、どのくらい身長が離れているのかを、客観的に判断する基準になります。平均値から身長が離れているほど、SD値は大きくなります。

 

-2SD未満がどのくらいの確率かというと、背の小さい順に100人並べたときに、前から約2〜3人ほどが「低身長」という定義に当てはまります。

 

身長の分布

出典:富士フィルムファーマ株式会社

 

上図は身長の分布を表したものです。縦軸が子供の数で、横軸が身長の高さになります。真ん中の山になっている部分が平均身長になり、真ん中から遠いほど平均から離れていることを意味します。

 

図の「+2SD〜-2SD」の間に約95%が含まれています。平均身長より小さくても、+2SD〜-2SDの範囲であれば低身長には当てはまりません。

低身長のチェック方法

では、低身長に当てはまるかどうか、どのように判断すればいいのでしょうか? その目安として必要になるのが成長曲線です。

 

成長曲線とは、年齢別の平均値を点で記入して、その点を曲線でつないだグラフのことです。平均値の他、+2SDから-2SDの成長曲線も描かれており、成長パターンがわかるようになっています。

 

具体的には以下のような図で、男の子用と女の子用に分かれています。(以下の図は男の子用)

 

男の子の成長曲線

出典先:日本小児内分泌学会

 

成長曲線を描いてみると、平均身長とどのくらい差があるか判断することができます。

 

もし、平均よりも身長が低く「-2SD」を下回っていたり、身長の伸びが悪くなって曲線が横ばいになっているなら、病気の可能性が考えられます。

 

成長曲線の図を印刷できない場合は、成長曲線自動作成プログラムを利用しましょう。ネットで入力するだけで、簡単に成長曲線が作れるので便利です。

 

成長曲線自動作成プログラムはこちら

 

低身長の原因となる病気

低身長のうち、約25%は病気が原因だと言われています。

 

原因は様々ですが、ホルモン分泌不全・染色体異常・胎内発育不全などが主になります。代表的な病気は以下のとおりです。

成長ホルモン分泌不全性低身長

成長ホルモンは身長を伸ばすために最も重要なホルモンで、脳の脳下垂体から分泌されています。しかし、何らかの原因により脳下垂体が障害を受けていると、成長ホルモンが分泌されなくなることがあります。

 

このような成長ホルモンの分泌不全によって身長が伸びないことを、成長ホルモン分泌不全性低身長と言います。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長は、成長ホルモン分泌刺激試験によって成長ホルモンの分泌が低いと確認されたときに診断されます。この病気で有効な治療法は、成長ホルモン補充療法です。

ターナー症候群

ターナー症候群とは、女性だけに見られる先天的な染色体異常で、1000〜2000人のうち一人の頻度で発症することがわかっています。

 

性染色体XXの2本のうち、X染色体が1つしかなかったり、部分的に欠けていることが原因です。個人差がありますが、低身長や二次性徴期が自然に起きないことが主な特徴です。

 

ターナー症候群による低身長の治療では、成長ホルモン補充や女性ホルモン補充が有効とされています。

SGA性低身長

SGA(Small‐for‐Gestational Age)とは、母親のお腹にいる期間(在胎週数)に応じた身長・体重が、基準よりも小さいことを言います。

 

SGAの子供のうち、約80〜90%は3歳までの間に標準の範囲に追いつくことがわかっていますが、約10%ほどの子供は標準まで成長が追いつかない場合があります。このようなケースがSGA性低身長になります。

 

もし、2才を過ぎても身長SD値が「-2SD」を超えない場合は、SGA性低身長の可能性があります。成長曲線をつけてみてSGA性低身長に当てはまるなら、專門の医療機関を受診するようにしましょう。

 

なお、SGA性低身長は2008年より成長ホルモン補充療法が保険適用になっています。

低身長なら早期の対処が大切!

成長曲線グラフをチェックして、低身長の定義に当てはまるなら、早めに專門の小児科医を受診しましょう。

 

というのも、低身長の治療は、幼児期から思春期が始める前(10〜11才)までが最も効果的だからです。できるだけ早い時期に対処したほうが、身長の伸びが期待できるわけです。

 

病気による低身長の治療では、成長ホルモン補充療法がメインで行われます。詳細な検査や専門的な知識が必要な治療法なので、医師に相談するのが必要です。

 

また最近では、成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントや成長ホルモンを含むスプレーなどが販売されていますが、効果がないということがわかっています。

 

日本小児内分泌学会では、成長ホルモンの経口投与では成長を促進しないという見解を、正式に発表しているんですね。

 

もし、低身長かもしれないと思ったら、できるだけ早く低身長の專門性が高い医療機関を受診することをおすすめします。

低身長でなければ生活習慣を見直そう

低身長に当てはまらない場合は、普段の生活習慣を見直すことが大切です。というのも、身長が伸びない原因は遺伝や体質だけではなく、食生活や睡眠なども影響しているからです。

 

特に、身長を伸ばすための栄養は重要で、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなど幅広く栄養を摂る必要があります。また、睡眠の質が悪いことで、成長ホルモンの分泌が少ない可能性もあります。

 

身長を伸ばすためには、適切な食事・睡眠・運動が必要になるため、身長の伸びを妨げる要因がないかどうかチェックしてみてください。

 

⇒成長期におすすめ!成分の品質NO.1の身長サプリメントとは?

関連ページ

身長は遺伝で決まる?将来の身長に影響する4つの要素
ここでは、子供の身長がどのくらい遺伝に影響を受けるか解説しています。子供の将来身長を予測する計算方法や身長に影響する生活習慣を知りたい方はチェックしてみてください。
身長が伸びる3つの時期!成長期はいつからいつまで?
成長期は身長が急激に伸びる時期ですが、いつからいつまでなのか知っていますか? ここでは、子供の身長が伸びる思春期と成長期の特徴について解説しています。
子供の身長が伸びない5つの原因!成長期のNG習慣とは?
ここでは、子供の身長が伸びなくなる原因をご紹介しています。特に、成長期においては規則正しい生活習慣が必須です。子供の伸びる力をサポートするために、食生活や睡眠のNG習慣をチェックしてみてください。