子供の身長が伸びなくなる原因について解説します!

身長が伸び悩む子供

「子供の身長がなかなか伸びないのは、遺伝のせいだからしょうがない…」と思っていませんか?

 

確かに、遺伝は身長を決定する要因の1つですが、食生活・睡眠などの生活習慣も大きく関わっています。何気ない習慣や行動が、身長の伸びを妨げる原因になることもあります。

 

特に、成長期は男女ともに身長がグッと伸びる期間です。この時期にNG習慣を続けていると、身体が本来持っている「伸びる力」を弱めてしまう可能性もあるんですね。

 

そこで今回は、子供の身長が伸びない原因についてまとめました。当てはまる項目があるかどうかチェックしてみてください。

子供の身長が伸びない5つの原因

偏食・小食などで栄養が偏っている

偏食する子供

背を伸ばすためには、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

 

というのも、骨の両端にある軟骨部分(骨端線)でたんぱく質であるコラーゲンが作られることで、骨が縦に伸びていくからです。そして、骨を丈夫にするためには、ビタミン・ミネラルが必要になってきます。

 

ですから、好き嫌いが多かったり野菜嫌いだと、ビタミン・ミネラルが不足しがちになります。近年では、野菜の栄養価も下がっているため、偏食によって必要な栄養素がますます不足するようになっています。

 

また、食が細くてなかなか食べてくれない子もいますよね。小食の子は、普通に食べる子に比べて、1年間に1cmほど背の伸びが悪くなると言われています。

 

つまり、偏食や小食傾向が続くと、平均身長との差は年々広がっていくということになります。

スナック菓子類・加工食品の食べ過ぎ

スナック菓子ばかり食べていると、夕食のときにお腹がいっぱいになりがちです。本来取るべき栄養素を十分に摂れなくなるため、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが不足してしまいます。

 

スナック菓子や炭酸飲料には、リン酸も多く含まれています。リン酸を過剰に摂取すると、骨を丈夫にするカルシウムが体外に排出されてしまうデメリットもあります。

 

また、添加物が多く含まれる加工食品は、亜鉛の吸収を妨げます。亜鉛はタンパク質の合成や新陳代謝で必要になる栄養素で、成長ホルモンの分泌にも関わっている大切な栄養素です。

 

インスタント食品などの加工食品を摂りすぎると、亜鉛が不足する可能性があり、身長の伸びに悪影響を及ぼします。

太りすぎ・肥満

糖質が多いスナック菓子や、脂肪分が多い食事ばかり摂っていると、身体は縦に伸びずに横に広がっていきます。

 

食べ過ぎによる肥満の問題点は、成長ホルモンの分泌が悪くなることです。通常の体型の子供に比べて、肥満の子は成長ホルモンが少ないことがわかっています。

 

また、肥満の子は早熟傾向があり、思春期が早く訪れる傾向にあります。思春期は身長が急激に伸びますが、思春期の終わりには身長の伸びが止まります。

 

つまり、思春期が早いということは、身長が伸びる期間が短くなることを意味します。結果として、身長が平均以下になりやすい傾向があります。

睡眠不足・睡眠リズムの乱れ

睡眠不足の子供

近年、テレビやゲームなどの娯楽や塾・習い事などの影響で、子供の就寝時間が遅くなることが問題になっています。この影響による睡眠リズムの乱れは、身長が伸びない原因になります。

 

身長を伸ばす働きがある成長ホルモンは夜寝ている間に最も分泌されますが、睡眠リズムが乱れていると、分泌量が減少してしまうからです。

 

特に問題なのは、子供が大人の生活習慣に合わせて夜型の生活になること。子供が夜型の生活になると、朝なかなか起きられないことも多くなりますよね。

 

朝食をとらずに学校に行ったり、休日に寝だめをして睡眠リズムが不規則になる傾向があります。

 

また、睡眠不足が続くとホルモンバランスが崩れて、メラトニンの分泌を減少させます。メラトニンは睡眠を促すだけでなく、思春期が早く訪れないようにする働きもあります。

 

このように睡眠の質と量が悪化すると、身長に関わるホルモンバランスを崩すため、身長の伸びにも影響を及ぼします。

ストレスによる自律神経の乱れ

家庭環境・友人関係・部活動・受験などで悩みがあると、子供は精神的なストレスを感じます。

 

過度の精神ストレスを受けると、ホルモン分泌を司る視床下部の働きが低下して、成長ホルモンの分泌が低下する場合があります。

 

特に、家庭環境の変化には要注意です。両親の不仲・離婚や引越しなどで生活環境が大きく変わると、ストレスによる影響で身長が伸びなくなるケースがよくあります。

 

また、親の教育方針が厳しすぎて、家にいることがストレスになるような環境も、子供の成長を妨げる要因になります。

 

身長を伸ばすためには栄養と睡眠が大切ですが、リラックスできる家庭環境を整えることにも気を配りましょう。

子供の身長が伸びない原因【まとめ】

  • 偏食・小食などで栄養が偏っている
  • スナック菓子類・加工食品の食べ過ぎ
  • 太りすぎ・肥満
  • 睡眠不足・睡眠リズムの乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ

 

今回ご紹介した習慣・行動の中で、当てはまる項目はありましたか? 子供の身体が本来持つ「伸びる力」を高めるためにも、成長期のNG習慣を改めるようにしましょう。

 

⇒成長期におすすめ!成分の品質NO.1の身長サプリメントとは?


関連ページ

身長は遺伝で決まる?将来の身長に影響する4つの要素
ここでは、子供の身長がどのくらい遺伝に影響を受けるか解説しています。子供の将来身長を予測する計算方法や身長に影響する生活習慣を知りたい方はチェックしてみてください。
身長が伸びる3つの時期!成長期はいつからいつまで?
成長期は身長が急激に伸びる時期ですが、いつからいつまでなのか知っていますか? ここでは、子供の身長が伸びる思春期と成長期の特徴について解説しています。
背が伸びないのは病気かも?低身長の定義・原因・治療法を確認しよう
背が低いことの多くは、遺伝や体質的な要素がほとんどですが、まれに病気が隠れている場合があります。ここでは、低身長の定義・チェック方法・原因・病院での治療法をご紹介します。