アスミールとセノビックの違いをレビューします!

アスミールとセノビックの写真

 

成長期をサポートする身長サプリメントと言えば、アスミールとセノビックが有名ですよね。あなたもどちらか購入したいと思っているのではないでしょうか?

 

アスミールとセノビックは口コミでも評判の売れ筋商品ですが、似ている点も多くあります。例えば、2商品とも粉末タイプで、同じような栄養成分が入っています。

 

では、身長を伸ばすためには、どちらを選ぶべきなのでしょうか。今回は、成分・飲みやすさ・価格をそれぞれ比較して、アスミールとセノビックの違いについて解説します。

アスミールとセノビックの成分データと解説

アスミールの原材料名と成分について

アスミールの原材料名

 

アスミールの原材料名

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖加糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干パウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

 

アスミールの特徴は、「ZAPバランス」という成長ホルモンの活性化を促す亜鉛・アルギニン・プラセンタが配合されていることです。

 

また、骨を丈夫にするカルシウムの量も豊富。魚骨焼成カルシウム・胡麻ミネラル・ドロマイトだけでなく、カルシウムの吸収率を高めるマグネシウムやビタミンDも配合されています。

 

カルシウム・ビタミンD・鉄の栄養機能食品で、ビタミン類も11種類含まれているので、バランスよく栄養素を補給できる成分構成になっています。

セノビックの原材料名と成分について

セノビックの原材料名

 

セノビックの原材料名(ミルクココア味)

グラニュー糖、ココアパウダー(ココアバター10〜12%)、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

 

一方、セノビックの特徴は、骨の成長を助ける卵黄ペプチド「ボーンペップ」が配合されていることです。

 

その他、骨の成長に必要なカルシウム・ビタミンD・鉄も配合。アスミールと同じで、カルシウム・ビタミンD・鉄の栄養機能食品です。

 

アスミールとセノビックの成分量は以下のとおりです。

1日当たりの栄養成分量【比較表】

アスミール

セノビック

分量 6g(1杯6g×1回) 20g(1杯10g×2回)
エネルギー 21.4kcal 78kcal
たんぱく質 0.29g 1.5g
脂質 0.35g 0.6g
炭水化物 4.28g 17g
カルシウム 488mg 260mg
マグネシウム 75.5mg -
6.4mg 6mg
ビタミンC 60mg 57mg
ビタミンD 3.8ug 2.8ug
亜鉛 2.1mg -

アスミールとセノビックの3つの比較ポイント

アスミールとセノビックには、比較できるポイントが3つあります。

 

まず、アスミールは「ZAPバランス」という成長ホルモンの分泌を促す栄養群を採用しているのに対して、セノビックは「ボーンペップ」を配合していることが大きな違いになります。

 

そして、配合されている栄養成分の種類に関しては、アスミールの方が豊富です。

 

カルシウム・ビタミンD・鉄の栄養機能食品という点はどちらも同じですが、カルシウムの吸収率を高める「マグネシウム」と、たんぱく質・ホルモンの合成に必要な「亜鉛」はアスミールにしか配合されていません。

 

次に、栄養成分の配合量ですが、こちらもセノビックよりアスミールの方が多い傾向にあります。たんぱく質はセノビックの方が多いですが、ビタミン・ミネラル類はアスミールが上回ります。

 

最後に、2商品とも原材料で最も多く含まれるグラニュー糖ですが、アスミールに比べてセノビックの方が約4倍弱多く含まれています。

 

アスミールは1日当たり21.4kcalで、セノビックは78kcal。糖分が多く含まれている分、セノビックのカロリーも高くなっています。

 

なお、グラニュー糖が気になる方もいるかもしれませんが、育ち盛りの子は1日当たり2000〜2500kcal必要ですので、1日当たり21.4kcalであれば特に問題ないと思います。

 

成分の比較ポイント【まとめ】
  • どちらもカルシウム・ビタミンD・鉄の栄養機能食品
  • アスミールは「ZAPバランス」という栄養素群を配合
  • セノビックは「ボーンペップ」を配合
  • アスミールの方が、配合されている栄養成分の種類が多い
  • 1日当たりの栄養成分が多く含まれているのはアスミール
  • セノビックにはマグネシウム・亜鉛が含まれていない
  • アスミールは1日6g・セノビックは1日20g摂る必要がある
  • 原材料で1番多いのは、どちらもグラニュー糖
  • アスミールに比べて、セノビックは糖分の量が多くカロリーが高い

飲みやすさについて

コップに入ったセノビック

 

まず、セノビックからご説明します。

 

セノビックは牛乳と混ぜて飲む粉末タイプのサプリで、5つの味(ミルクココア・いちごミルク味・ヨーグルト味・バナナ味・ポタージュ味)が用意されています。

 

今回はミルクココアを飲んでみましたが、しっかりとした濃厚なココア味。甘くて美味しいので、子供ならゴクゴク飲める味だと思います。

 

コップに入ったアスミール

 

一方、アスミールは、セノビックと同じ牛乳と混ぜて飲む粉末タイプですが、味はココアの1種類だけです。

 

実際に飲んでみると、セノビックに比べて甘さは少し控えめ。ココアの味も薄味で、牛乳の味が少し残るかなという感じです。

 

どちらも飲みにくさはありませんが、セノビックの方が甘くて美味しいように感じました。セノビックの方が糖分が多いので、甘くて飲みやすいということだと思います。

 

また、セノビックは1日に2杯飲む必要があるため、用意するのが手間だと感じるかもしれません。アスミールは1日に1杯飲むだけです。

価格・コスパについて

1ヵ月分の価格比較表(税込)

アスミール

セノビック

通常価格 4,430円 +送料630円 2,160円 +送料無料
定期初回価格 2,214円 +送料無料 1,944円 +送料無料
定期2回目以降 3,980円 +送料無料 2,160円 +送料無料
1日のコスト
(定期コース)
  • 初回…73.8円
  • 2回目以降…132.6円
  • 初回…64.8円
  • 2回目以降…72円
定期の継続条件 最低3回 最低3回
定期特典
  • 送料無料
  • 2回目以降も10%OFF
  • 専用シェイカー
  • おかずレシピBOOK
  • 送料無料
  • 最大11%OFFの割引
  • 5種類の味が選べる
  • ふるふるシェイカー付
  • 軽量スプーン付き

 

上記の比較表のとおり、通常価格でも定期価格でも安く購入できるのはセノビックです。

 

セノビックは通常・定期コースともに送料無料。初回定期コースであれば、10%OFFでお得に購入できます。1日当たりのコストは初回64.8円で、2回目以降は72円です。

 

一方、アスミールは1回だけの都度購入だと、通常価格4,430円で送料630円がかかります。定期コースの初回は半額の2,214円で購入できますが、2回目以降は3,980円です。

 

1日当たりのコストは初回73.8円で、2回目以降は132.6円という計算になります。2回目以降の価格で比較すると、セノビックの約2倍弱の価格になります。

結論!おすすめの身長サプリはどっち?

アスミールとセノビックの写真

 

成分を重視して選ぶなら、アスミールをおすすめします。というのも、身長を伸ばす栄養素が豊富で、バランスよく配合されているからです。

 

セノビックに比べて成分の配合量も多いため、身長を伸ばすための栄養補給という観点で考えても、アスミールの方が優れていると感じます。

 

また、どちらも原材料の中でグラニュー糖が多いわけですが、糖分が少ないのもアスミールです。カロリーも最小限に抑えているため、肥満が気になる子供にも飲ませることができます。

 

子供の成長を考えるなら、どのような成分が含まれているかを優先すべきですよね。価格はセノビックの方が安いですが、当サイトでは成分が充実しているアスミールを推奨したいと思います。

 

それぞれ商品に特徴があるので、公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

⇒アスミールの公式サイトはこちらアスミール

 

⇒セノビックの公式サイトはこちら